>

使いやすいデンタルフロス

F型のデンタルフロス

操作しやすい面が好まれ、ホルダータイプのデンタルフロスが人気です。
初心者でも手を出しやすいので、口内の汚れを気にしている人は活用してください。
使う時の順番は、歯ブラシで歯を磨いた後の仕上げにデンタルフロスを使います。
F型のデンタルフロスは、前歯の汚れを落としやすい面が特徴です。

鏡を見て、いつも前歯の汚れを落とせていない人はこちらのタイプを使いましょう。
F型の他にY型もありますが、F型のデンタルフロスの方が安い費用で済みます。
そのことからも、F型のデンタルフロスの方が買いやすいでしょう。
その人によって歯の生え方が変わるので、使ってみなければわかりません。
気になったデンタルフロスは、どんどん試してください。

奥歯の汚れを除去しよう

Y型のデンタルフロスは、奥歯の汚れを除去しやすいように作られています。
比較的に前歯よりも奥歯の方が、汚れが溜まりやすいので口内全体を綺麗にしたい人はY型のデンタルフロスを選びましょう。
歯ブラシで歯を磨いている時に奥歯まで歯ブラシが届かないと、そのまま汚れが溜まります。
その汚れをエサにして、虫歯菌がどんどん繁殖していきます。

ですからデンタルフロスを使い、汚れを完全に除去することが虫歯予防に欠かせないと思ってください。
また、自分の口内に合うことも重要です。
まずは普通のサイズのデンタルフロスを使い、使いにくいと思ったらサイズを変更しましょう。
口が小さい子供や女性は、普通のサイズだと大きいと感じるかもしれませんね。


この記事をシェアする