>

糸巻きタイプもある

コスパが良いメリット

ワックスタイプは、歯の隙間に糸が入りやすいよう繊維の滑りを良くする加工が施されています。
汚れが溜まっていると歯の間に汚れが溜まり、なかなか糸を通すことができないかもしれません。
ですから最初は滑りが良い、ワックスタイプである程度の汚れを落とすのが良い方法です。

ただ滑りが良すぎて、ワックスタイプは汚れを落とす性能が低いと言われています。
ノンワックスタイプの方が汚れを落としやすいので、慣れてきた頃に切り替えてください。
その頃ならノンワックスタイプでも、糸をしっかり歯の間に通すことができます。
焦らないで、まずはワックスタイプで糸をどのあたりで切れば良いのか、どのように糸を動かせば良いのか方法を覚えましょう。

最も汚れを落とせるもの

糸巻きタイプにはもう1つ種類があって、名前をエクスバンドタイプと言います。
唾液や摩擦で糸がスポンジのように膨らむ面が特徴で、デンタルフロスの中で最も汚れを落とす性能が高いです。
ですが糸が太く、歯の隙間が狭いところには入らないかもしれません。
もし歯の隙間に入らないと感じたら、その時点で使用を控えてください。
無理に通すと歯茎から血が出たり、歯列が曲がったりしてしまう可能性があります。

他の糸巻きタイプでも十分に汚れを落とせるので、虫歯を予防できます。
歯や歯茎が傷つくとバイ菌が侵入し、病気を発症するので気を付けてください。
ホルダータイプでも糸巻きタイプのデンタルフロスでも、余計な力を加えないで扱うことが基本です。


この記事をシェアする