>

口内の綺麗な状態を維持しよう

歯ブラシだけでは足りない

普段は、歯ブラシだけで口内を磨いている人が多いと思います。
それが虫歯予防になると言われていますが、実は歯磨きだけでは全体の汚れを落とすことができません。
完全に汚れを除去したいなら、やはりデンタルフロスを使った方が良いと言われています。
もし自分に合うデンタルフロスがどれかわからなかったら、普段通っている歯医者で医師におすすめを尋ねてください。

医師がおすすめしてくれるデンタルフロスであれば使いやすいですし、汚れをしっかり除去できると思います。
またデンタルフロスは、定期的に交換してください。
歯ブラシと同じで、1か月に1回は交換するのが良いですね。
ずっと同じデンタルフロスを使い続けるのは、衛生的に良くありません。

最低でも1回は使う

朝と昼と夜の、3回歯を磨くと思います。
しかし朝は出かける準備で忙しく、昼は職場にいるのでデンタルフロスを使えないかもしれません。
その場合は、夜の歯磨きの時だけ使っても構いません。
それでも、虫歯予防に効果を発揮できます。
夜は最も虫歯菌が繁殖しやすい時間帯なので、朝や昼よりも丁寧に磨き、デンタルフロスで汚れを落とすことを意識してください。

最初は面倒に感じたり、デンタルフロスを使うことを忘れたりする人が見られます。
習慣にするために、洗面所の見やすいところにデンタルフロスを用意してください。
目に入るところに置けば、忘れることはありません。
歯磨きやデンタルフロスを使う時間を長く確保し、念入りにケアしましょう。


この記事をシェアする